自律神経の乱れと不眠

朝起きれない症状と原因

朝起きれないの原因について

睡眠が足りていないわけでもないのに、朝起きれないという場合、ただ朝が弱いというわけではなく、自律神経が乱れている可能性が考えられます。自律神経が乱れると心身をリラックスさせ睡眠の質を上げる副交感神経が上手く働かず、睡眠の質を悪くしてしまったり、休息していた体や脳を活動的にさせる交感神経が朝になっても働かずに眠気やだるさを引き起こしてしまうのです。自律神経が上手く機能しないと体は様々なバランスを崩してしまうため、朝起きれないという症状となって表れるのです。

↑PAGE TOP